腕のシミを消す方法 説明女性

ふと気が付いたら、腕にシミ・そばかすが・・・。冬の時は長袖を着るから目立たないけど、夏に半袖になると目立ってしまう(>_<)
半袖になる前に消したいですよね。ココでは腕にシミ・そばかすができる原因と自宅でできる消す方法を紹介します。

<スポンサーリンク>



シミやそばかすができる原因は3つ

そばかす 原因
腕にシミやそばかすができるのはある日突然できるのではなく、腕のシミやそばかすはできはじめは薄くわかりづらくだんだんと目立ちはじめてくるのです。なので目立ってきたからといって対策を始めたからといってすぐに消えるものではないです。また、シミ・そばかすは繰り返しできやすいものなので原因を知ってなるのを防ぎましょう。

腕のシミ・そばかす原因:①紫外線

腕などのむき出しの肌が紫外線に当たると赤くなって皮がむけたりする日焼けを起こしますが、怖いのは肌の奥に届いている紫外線です。その紫外線でコラーゲンやエラスチンなど肌の保湿やハリを保つ成分を含む細胞が破壊されてしまうので、それを防ぐためにメラニン色素が作られて、ターンオーバーなどで排出されなかったメラニン色素がシミ・そばかすの原因になります。

また、腕も顔と一緒で乾燥肌や敏感肌になるとターンオーバーができにくい肌のためシミ・そばかすができやすく、対策して改善されても繰り返しできやすくなってしまいます。

腕のシミ・そばかす原因:②日光

日光に長時間当たると肌の保水能力や刺激から守る力は一気に低下します。コラーゲンやエラスチンなど肌の弾力や保水を司る成分が減少すると、ほんの少しの刺激で肌が傷ついて肌を守るためにメラニン色素が作られます。虫刺されの痕がシミになっていませんか?それは痒くてかいた刺激がメラニン色素の沈着を起こしたからです。日光に当たってもメラニン色素ができてしまいますが、日光に当たることで刺激に弱くなった肌にもメラニン色素はできやすいのです。

腕のシミ・そばかす原因:③蓄積された「老人性色素班」

名前からすると「老人性」という言葉に衝撃ですが、皮膚が老化したということではなく、紫外線を浴び続けた影響が肌の奥に蓄積されて、ジワジワと表皮にシミが浮かび上がってくる症状のことを言います。

平均的には40代から現れて腕にしみ・そばかすが増えてきたと感じたら、それは老人性色素班です。色白の人や屋外で過ごすことが多い人はもっと早い年代でも現れます。
太陽の光が当たりやすい顔、首から胸にかけてのデコルテ部分、腕や手の甲など目立つところにできやすいので厄介です。

腕のシミ・そばかすの原因は上記の3つの理由からできてしまいます。

また、腕も顔と一緒で乾燥肌や敏感肌になると皮膚が正常にターンオーバーができにくい肌のためシミ・そばかすができやすく、対策して改善されても繰り返しできやすくなってしまいます。

自宅でできるシミやそばかすを消す方法

自宅でできるそばかす消す方法
腕にできるシミ・そばかすの原因がわかったらどうやって消していくかです。病院に行って高額のレーザー治療というのもあります。
しかし、できるなら自宅でお金をあまりかけず消せるなら試したいですよね。

自宅で腕のシミを消す場合知っておきたい注意しないといけないことがあります。知らないと知っているのでは、シミ・そばかすケアをしているのに「効果がない(ノД`)」という悲しい結果になってしまうからです。

自宅で腕のシミ消す!知っておきたい注意しないといけないこと

シミ・そばかすを取るためには時間がかかることです。
毎日の継続がカギを握っています。

美白化粧品の効果を実感した人にアンケートをとった所
・1週間以内 12%
・1ヶ月 28%
・3ヶ月 35%
・4か月以上 25%
という結果を発表されていました。

なので、腕のシミ・そばかす消したいと対策をとっても時間がかかると嘆く前に使う期間を長くするようにして下さい。
でないとせっかく効果を発揮するはずだったのが結果をだすことができないからです。

なぜ時間がかかるのかというと

シミが消えるのに時間がかかる理由

肌の断面図
シミの元メラニンは肌の奥で作られています。メラニンが肌の表面に表われてシミになります。

肌の表面に表われたシミを消すためには、肌のターンオーバーでメラニンを排出してあげなければいけません。
新しく肌が生まれ変わるために肌の周期は28日といわれています。しかし、今できているシミだけでなく敏感肌や乾燥肌だったり年齢の関係、体の不調や紫外線予防がしっかりできていないなどいろんな理由で肌のターンオーバーは乱れてしまいます。

だから、シミケアをしているのにシミが消えるのに時間がかかってしまいます。諦めないで根気よく腕のシミ・そばかすは消して下さい。

角質層を柔らかくするサリチル酸を使う


イボや魚の目を取る効果のあるサルチル酸は、直接シミに塗って角質を柔らかくしてピーリング効果を狙うとシミが薄くなります。角質を柔らかくして剥がしていくので、時間はかかりますがシミを消す効果は期待できます。ドラッグストアで1,000円程度で売られており、買い求めやすいです。
ただし、シミやそばかすができている時肌は敏感になっているので、サリチル酸は刺激が強い成分のため肌にトラブルになる可能性もあるため使う時は必ずパッチテストを行わないといけません。

腕にも使えるシミ取りそばかすクリームを使う

シミ取りクリーム画像
腕に使えるシミ・そばかすクリームって実は数が少ないです。私もドラックストアやドンキホーテなどいろいろなお店を回ったけどそばかす・シミ腕専用のクリームないお店がほとんどでした。

ないので、化粧品で代用もしたことがあるのですが、化粧水・美容液・乳液などになってしまうと顔専用になってしまうのか効果がありませんでした。
腕にも効果があるシミ・そばかすクリームを選ぶならポイントを守って使うと失敗しないで買うことができますよ。

腕にも使えるシミ・そばかすクリームの選び方のポイントは3点あります。

①保湿成分が入っているか
そばかすちゃん

保湿成分が入っていないと肌を健康的にしてくれません

シミ・そばかすができている時は、腕の皮膚も乾燥肌・敏感肌になっています。なので健康な肌に導いてくれるために保湿成分が入っていることが重要です。
保湿成分は、セラミドやスワランなどいろいろあります。保湿成分の中で一番のおすすめはセラミドです。

セラミドは、肌に入っている成分でそのセラミドが少なくなると肌トラブルをおこしてしまいます。なのでセラミドを選ぶことで不足しているセラミドを補充してくれます。
セラミド以外にも保湿成分はあるのですが、肌に元からある成分と同じため親和性が高いため肌トラブルをおこすことが少ないので他の保湿成分に比べて安心して使うことができます。

だから、シミやそばかすができている時は肌がデリケートなため少しでも肌に優しいことを考えてセラミドがおすすめなのです。

②美白成分が入っているクリーム
そばかすちゃん

美白成分が入っていないのはシミをケアすることができません

美白成分が入っていることで、シミの元メラニンを予防してくれます。
メラニンは悪い物質ではなく紫外線から肌を守るために作られている物質です。
このメラニンが過剰に作られてしまうと色素沈着してシミやそばかすになってしまいます。
なので、過剰に作られてないようにするために美白成分で予防、ケアしてあげることが必要なのです。

③肌に優しい低刺激・無添加にこだわっているか
そばかすちゃん

低刺激や無添加肌に優しい化粧品を選びましょう

シミ・そばかすクリームの性質上オール無添加で作ることは難しいです。
だからといってまったく配慮がないものを選んで刺激成分でシミ・そばかすができている肌につけてしまうと肌トラブルでますますシミ・そばかすができやすくなってしまいます。
なので、低刺激・無添加にこだわっているのを選ぶようにしましょう。

おすすめシミ・そばかすクリームは?


おすすめそばかすクリームは、フレキュレルです。

フレキュレルはクリームではなくもオールインワンゲルです。

そばかすちゃん

元々フレキュレルを顔のそばかすに使っていたのですが、毎月届く愛用者の口コミで背中に使って薄くなっている人がいたんです。自分も使ってみたら薄くなってきました

上記のシミ・そばかすクリームの選び方の3つのポイントが入っているそばかすクリームです。

シミ・そばかすクリームで必要な3つのポイント。
保湿成分のセラミド配合・美白成分配合・肌に優しい低刺激・無添加です。

顔にも体にも使えるので無駄にそばかす化粧品やそばかすクリームを買わなくてもいいのでお財布に優しいのが良かったです。

 

  • 腕のシミ・そばかすクリームで解消

クリームでおすすめフレキュレルこちら

美白成分配合のサプリや薬を飲む


シミ・そばかすを予防・対策するのにサプリと薬があります。
サプリは医薬品と比べてシミ・そばかす対策するための成分量が少ないのでシミへのアプローチが低いためシミ・そばかす対策は医薬品の薬を選びようにしましょう。

シミ・そばかす薬で消すといっても、種類がたくさんあるのでどれを選んだらいいのかわらなく迷ってしまいますよね。

シミ・そばかすを体の中からケアするためには、シミ・そばかす化粧品と違い必要な成分が違います。
L-システイン』・『アスコルビン酸』・『パントテン酸カルシウム』の3種類の成分が入っているのを選ぶようにしましょう。

・L-システインとアスコルビン酸
L-システインとアスコルビン酸が協力して肌の代謝(ターンオーバー)を助けて、メラニン生成を防ぐ働きがあります。

・パントテン酸カルシウム
肌の生まれ変わりをサポートして肌を整える

シミ・そばかす薬を飲むことで、腕に今できているシミ・そばかすを消すだけでなく、これからできるのを予防することができます。なので毎日忙しい人たちが飲むだけで体の中からシミ・そばかす改善することができるとシミ・そばかすの薬を飲んでいる人は多いのです。


シミ・そばかす消す飲み薬で人気は
ロスミンローヤル」です。

今できている、これからできてしまうシミ・そばかす対策・予防両方できます。

ロスミンローヤルは、シミへの美白効果に加えて日本で唯一シミと一緒になりやすい小じワへの効果も認められています。

シミの原因といえば、紫外線です。紫外線はシミを作るだけでなく小ジワや乾燥肌の肌悩みを増やしてしまうのです。

乾燥肌はさらにシミができやすい肌へ、導いてしまうためシミ・そばかすがこれ以上できないようにするためロスミンローヤルは小ジワや乾燥肌にならないための対策もしっかりされているのが人気の秘密なのです。

肌の表面だけでなく内側から
紫外線対策する方は


まとめ

腕のシミ・そばかすまとめ
腕のシミ・そばかすの原因をご覧のとおり、紫外線対策をしないと腕にシミ・そばかすはできやすいです。また、今できていないからと安心していても皮膚の奥にたまっているシミ・そばかすが何年後かに一斉にでてくる可能性が高いです。なので、できないためには紫外線対策を心がけないといけません。

できてしまったシミ・そばかすを自宅で消すのにおすすめは、そばかすくリーム+体の内側からケアする薬・サプリがおすすめです。

クリームは塗り忘れや、髪の毛など塗ることができない所もあります。しかし、サプリや薬は飲むだけで腕のシミ・そばかす予防はもちろん体全体を内側から予防することができます。

腕は誰もが目がいく場所です。
同じ見られるならキレイな腕を見られたいですよね。

いつ誰に見られても今から大丈夫な腕になるために腕のシミ・そばかすケアをはじめて秋以降も半袖が似合うキレイな腕になって下さい。

関連記事
体にできたシミ・そばかす消すサプリ・薬ランキング

顔のそばかすにも使えるおすすめそばかすクリーム
フレキュレル詳細はこちら