どんなに良いそばかす化粧品を使っても正しい洗顔をしていないと、肌トラブルを起こしてしまいそばかすが増える、できる原因になってしまいます。そばかすの悩みから解消されるために正しい洗顔とおすすめの洗顔石鹸を調べました。

これはNG!間違った洗顔方法

洗いすぎ

洗顔をしすぎると肌に潤い成分として残しておきたい皮脂や天然保湿成分、セラミドなどの細胞間脂質が洗い流されてしまって、本来の目的である肌のバリア機能が無くなってしまいます。洗顔をきちんとして汚れを落とさないと、毛穴が詰まるなどの肌トラブルになることはよく知られていますが、キレイに洗わなければという意識が強すぎて洗いすぎることで肌トラブルになってしまいます。洗顔は一日2回で充分です。皮脂や細胞間脂質などが無くなった肌は、紫外線などの刺激に敏感に反応して、そばかすを作ってしまいます。

洗顔料をきちんと泡立てていない

洗顔をするときに、しっかり泡立てることで汚れ落ちが良くなり、肌に洗顔料の成分が残りにくくなります。洗顔料が泡立っていないと肌に余計な負担がかかるだけではなく、落とさなければならない汚れも落ちずに肌トラブルになることも。きちんと洗顔料を泡立てる目安は、洗顔ネットなどを使って泡立てて手のひらの上に泡を盛って、手のひらを逆さにしても落ちない程度なら合格です。毎日の事なので泡立てる習慣を付けましょう。

ゴシゴシこする

顔を洗っていて、しっかり洗おうとするあまりゴシゴシこすると、皮脂や潤い成分を洗い流してしまうだけではなく、皮膚に刺激を与えすぎて敏感になり、その部分が紫外線にあたるとシミやそばかすになりやすいです。洗顔後にタオルでゴシゴシこするのも刺激に弱い肌になりやすいので注意しましょう。

そばかすを消すために心がけたい洗顔の方法

【正しい洗顔方法】
1.洗顔料を泡立てやすくするために手を洗います
2.洗顔ネットなどを使って生クリーム上の泡になるまで泡立てます。時々水を足すと上手く泡立ちます。
3.脂の出やすいTゾーンから泡をのせて、肌に触れないように泡で洗います。
4.デリケートな目元や口元は泡をのせるだけで汚れが落ちます。
5.ぬるま湯で20回以上すすぎます。
6.清潔なタオルで顔を押さえるようにして水分を取り除きます。
7.洗顔後3分以内に基礎化粧品でお手入れして保湿をしましょう。

そばかすのある人が洗顔で特に気を付けると良いこと
正しい洗顔方法で顔を洗って、特に肌を傷つけないように心がけましょう。洗顔後にしっかり保湿をすると肌のバリア機能が保たれやすいですが、くれぐれも洗いすぎに注意です。洗顔をしすぎて失った潤いは保湿化粧品では補えないので、自然に戻るまで数時間から半日程度かかります。その間は肌が無防備な状態になるので、少しの刺激でそばかすができやすくなるため洗いすぎてはいけないのです。

そばかすのある人におすすめの洗顔せっけん

そばかすを消すには肌のターンオーバーを正常化してメラニン色素を排出することが大事です。

・ピーリング効果のある成分を含む石鹸
フルーツ酸、酵素、スクラブ、サリチル酸などを配合した洗顔料がおすすめです。
ただしスクラブ要る洗顔料は毎日使うのではなく週に一回程度のスペシャルケアとして使いましょう。

・肌に負担のかからないせっけん素地が原料の洗顔料
洗顔料の原料にせっけん素地を含むものは泡立ちが良く、皮脂汚れをスッキリ洗い流します。汚れだけを優しく洗い流すので肌に負担がかかりません。ドラッグストアなどで売られている洗顔せっけんには石油系界面活性剤が含まれているので、洗い上がりがしっとりして肌質が良くなった気がしますが、実は配合されている油分で油膜を作ってるからなのです。その油膜が保湿成分を補うための基礎化粧品の吸収を妨げるので、成分を良く確かめましょう。また石油系界面活性剤は、肌の真皮層にあるセラミドを少しずつ破壊してしまうので、肌荒れをしやすくなり、その肌荒れをしたところに紫外線が当たるとそばかすができてしまいます。