お腹 そばかす
お腹や胸などの胴体にシミやそばかすができてしまったら、範囲が広く目立ちそうで悩みますね。なぜ紫外線に当たりにくいお腹や胸などの胴体にシミやそばかすができてしまうのでしょうか。また病院に行かないで自宅できる効果的に消す方法について紹介します。

お腹、胸、胴体にできるシミやそばかすの原因

原因①活性酸素が増えすぎてメラニン色素ができる

紫外線がシミやそばかすの原因になることは当たり前のように知られていますが、紫外線の影響で老化現象の元凶と言われている「活性酸素」が増えて、シミやそばかすの原因になります。活性酸素は有害な紫外線から体を守る大切な働きをしていますが、増えすぎてしまうと細胞にダメージを与えて老化させてしまう厄介者になります。活性酸素が増えるとメラニン色素がそれに対抗して肌のダメージを和らげるため、シミやそばかすができるのです。つまり紫外線に当たってシミができるメカニズムは活性酸素と、それを防御するメラニン色素によって起こっているのです。胸やお腹などのあまり紫外線を浴びない胴体の広い範囲にできるシミやそばかすは、活性酸素の影響によってできることが多いです。

原因②カビでシミができる!?

特に痒みも無く胸やお腹にできるシミに「癜風でんぷう」という症状があります。癜風菌とよばれるカビが皮膚に付いて繁殖してできるのですが、放っておくと広がるため早めの皮膚科受診が必要です。他人に移ることはありませんが、できないためには清潔を心がけて汗をかいたらすぐ拭き取るなど、湿気を肌に残さないような工夫が必要です。

原因③キツイ肌着や服を着ることでシミになる

ブラジャーやガードルなどでボディラインを整えると、洋服を着ても格好良くキマりますね。しかし体に合わないキツイ下着を着けると、それが肌に刺激になってシミやそばかすの原因になります。いつも同じ場所ばかり締め付ける、ブラジャーやガードルの縫い目がこすれて当たって痛い時がある、鏡で見ると痣(あざ)になっていたなどは注意信号!下着はよく試着して締め付けすぎず体に合うものを選びましょう。

お腹や胸など効果的な自宅でできるシミやそばかすを消す方法

自宅でできるお腹のシミ・そばかす
お腹や胸などのシミは範囲が広くなると消すのが難しいのではと諦めてしまっていませんか。上記の原因②癜風でんぷうの場合皮膚科にいかないといけません。それ以外の場合は自宅で消す方法があります。自宅でできるシミ・そばかす消す方法でシミ・そばかすを改善しましょう。

抗酸化食品を食べる

お腹や胸などの広い範囲にできるシミやそばかすは、原因①のように活性酸素が悪さをしてできることが多いので、抗酸化食品をメニューに取り入れて身体の中からシミやそばかすを消す努力をしましょう。抗酸化食品を食べると体内を酸化させずに健康的に保てるので、シミ、そばかす対策以外にも健康にも役立ちます。抗酸化食品で代表的なものは、人参、玉ねぎ、セロリ、キャベツ、大豆類、生姜、ニンニクなどがあります。スパイスのターメリックも抗酸化作用が強いので、手軽に料理できるカレーがおすすめです。

シミ・そばかす薬を飲む

食べ物からシミ・そばかすを消すことも時間をかければできますが、お腹のシミ・そばかすはシミ・そばかす薬の服用をおすすめします。
昔はサプリメントが多かったですが、今は第三類医薬品で副作用が低い薬が人気です。

シミ・そばかす薬を飲むことで、体の内側からケアすることができるためシミ・そばかすが薄くなるだけでなく、予防することもできます。

シミ・そばかす薬で消すといっても、種類がたくさんあるので何を選んだらいいのかわらなく迷ってしまいますよね。

シミ・そばかすを体の中からケアするためには、シミ・そばかす化粧品と必要な成分が違います。
L-システイン』・『アスコルビン酸』・『パントテン酸カルシウム』の3種類の成分が入っているのを選ぶようにしましょう。

この3つの成分をとることで、 肌の代謝(ターンオーバー)を助けてシミ・そばかすの元メラニン生成を防ぐ、できてしまったシミ・そばかすを
排出する効果を期待できるのです。

シミ・そばかす薬の中には冷え性・肩こりや女性特有の不調も改善することができるのもあるので。シミ・そばかすを消しながら健康になることもできます。

おすすめのシミ・そばかす薬は以下の記事をご覧ください、
体にできたシミ・そばかす消す薬おすすめランキング

ストレスを溜めずに上手く発散する

胸やお腹などの胴体にできるシミやそばかすには、活性酸素が深く関わっていますが、ストレスも活性酸素を生み出す原因となります。またストレスがあると男性ホルモンが分泌されてメラニン色素の生成を早めてしまいます。ストレスを溜めないように好きなことをして過ごす、何もしない、上手な発散方法をいくつか持っておくなど対策を行いましょう。寛げる自宅でゆっくり過ごすのも有効な対策方法ですね。

肌を清潔に保って保湿をする

汗をかいたらこまめに拭くかシャワーを浴びる、低刺激の石鹸などを使ってゴシゴシこすらないなどは、シミやそばかすを作らないために重要なことですが、保湿を心がけると肌のバリア機能が高まって刺激に強い肌になり、シミやそばかすが薄くなります。さらに十分な保湿をすると多少刺激を受けてもシミやそばかすの出来にくい肌になります。自宅で出来るお手入れとしては、お風呂上りに顔だけではなく、胸やお腹などの胴体にもしっかりそばかす専用化粧品でケアしてあげるといいですよ。

自宅でできるおすすめそばかす化粧品は?


おすすめそばかすクリームは、フレキュレルです。

そばかすちゃん

元々フレキュレルを顔のそばかすに使っていたのですが、毎月届く愛用者の口コミで背中に使って薄くなっている人がいたんです。自分も使ってみたら薄くなってきました

フレキュレルはそばかす専用のクリームですが、シミにも大丈夫です。
シミ化粧品で肌荒れをおこしてしまった人も、フレキュレルは肌に優しい美白化粧品にこだわった成分なので安心して使うことができますよ。

顔にも体にも使えるので無駄にそばかす化粧品やそばかすクリームを買わなくてもいいのでお財布に優しです。

 

  • お腹・胸・胴体のシミ・そばかすを解消したい
  • フレキュレルを公式サイトで買う人はこちら

    まとめ

    お腹やへそ出しルックで、外にでていてシミやそばかすができてしまった。なら紫外線対策をしなかったからです。しかし、洋服に隠れているのにシミやそばかすができていると悲しいですよね(ノД`)。だからといってシミやそばかすができたままにしているのを見てしまうともっと悲しく・・・。

    お腹・胸・胴体のできてしまったシミ・そばかすを自宅で消すのにおすすめは、シミ・そばかす飲み薬+そばかすクリームの併用です。薬で肌の内側から、そばかすクリームで肌の外側からケアしてあげるのがお金のこと、改善できる時間を考えると早いです。

    お腹にシミ・そばかすができて放置していると、どんどんお腹・胸・胴体にシミが出来てしまう事がありるので注意が必要です。

    一回お腹にできるとできやすい体質になっているので、なるべくなる前にシミ・そばかす飲み薬を飲んで予防していおくことがおすすめです。

    シミ・そばかすは、乾燥肌や敏感肌のように肌質が弱くなっていると年々濃くなったり、増えてきます。なので気になったら早めの対策が必要です。お腹・胸・胴体の部分は普段洋服で隠れていますが、思っていない時温泉やプールの時に隠れていたシミ・そばかすが見えてしまいます。そんな時慌てないためにもシミ・そばかすを今から対策しましょう。

    おすすめのシミ・そばかす薬
    体にできたシミ・そばかす消す薬おすすめランキング

    顔のそばかすにも使えるおすすめそばかすクリーム
    フレキュレルを公式サイトで買う人はこちら

    そばかす卒業できるおすすめそばかす化粧品

    しみ・そばかす卒業できるおすすめ薬

    コメントをどうぞ