今までキレイな肌だったのに20代になって急にそばかすができてしまったらショックですね。そばかすは遺伝性が強いと言われているので、成人になってできるそばかすには何か原因があるはずです。その原因とそばかすを消す方法を紹介します。

20代になってそばかすができる原因

紫外線

遺伝性のそばかすは年齢を重ねると自然に薄くなっていきますが、20代になってから急にそばかすが出来始める人は、紫外線を浴びすぎている人が多いです。アウトドアスポーツやレジャーで無防備に日光の下で肌をさらしていると、紫外線を浴びた肌が細胞を守るためにメラニン色素の活動を活発にしてしまいます。20代は個人差がありますが肌のターンオーバーが乱れ始める年頃なので、今までは順調に排出されていたメラニン色素が排出されずにそばかすになってしまうのです。

間違ったスキンケア

洗顔はスキンケアの基本という話を鵜呑みにして、基本=しっかり洗うと思い込んでしまうと顔を洗いすぎて肌に刺激を与えすぎてしまいます。洗いすぎて肌に必要な皮脂やセラミドが無くなってしまうと復活するまで時間がかかり、その間の肌は無防備になり外的刺激を受けやすくなるため、防御のためにメラニン色素が作られて、そばかすができやすくなります。

睡眠不足

睡眠不足は肌の細胞を作る成長ホルモンの分泌を妨げるので、正常なターンオーバーが行われず、肌にメラニン色素が残りやすくなります。

ビタミンやミネラルなどの栄養不足

ビタミンやミネラルが不足すると、メラニン色素を効率よく排出できずにそばかすができやすくなります。ビタミンCはメラニン色素を定着しにくくする効果があるので、不足するとそばかすやくすんだ肌になりやすいです。

遺伝性ではないそばかすを消す方法

一番の基本は絶対日焼けしない!紫外線対策をする

まずそばかすを作らないためには紫外線を浴びないことが一番大事です。「少し外出するだけだから」、「ごみを出しに行く程度だから」と紫外線を防御しないのは大問題!部屋の中にいても紫外線をブロックする日焼け止めや乳液、UV加工をした服などで防御したうえで以下の消す方法を実行しましょう。

保湿をして肌のバリアー効果を高める

肌の保湿を行うと細胞も潤って多少の刺激が肌に加わってもバリアー効果で跳ね返すことができます。そのためそばかすになりにくく、保湿をされた肌は新陳代謝も良くなるのでそばかすの原因であるメラニン色素を効率良く排出します。

そばかすを消す基礎化粧品を使う

美白化粧品でもそばかすを消すことに特化した商品を選ぶと効果が高いです。シミ対策の化粧品ではそばかすができた課程が異なる場合があるのです。有効だと言われているのがハイドロキノンという肌の表皮にできたそばかすに有効と言われている成分です。皮膚科で軟膏として処方されており、ドラッグストアでも購入できますが効果が強いため、きちんと用法と容量、保管方法まで確認して使いましょう。遺伝性のそばかすには効果が無く、20代でできたそばかすには有効と言われています。

※自宅ではできないですがそばかすのケアには病院のレーザー治療があります。
皮膚科で行われるレーザー治療はそばかすを消す効果が高いです。しかし病院の機器によってはそばかす治療に対応できないこともあり、確認が必要です。施術を受けると数か月単位で時間がかかり、その間は厳重な紫外線予防とメイクができないなどの不自由さがあります。また、レーザー治療でそばかすが消してもらえてもその後お手入れや紫外線対策をしっかりしないとまた再発する可能性が高いです。

なので、そばかすはレーザー治療を頼るよりもまずは自宅でしっかり消す方法を自力でしたほうが良いと思います。