そばかすができたり、薄くなったりする症状に睡眠時間が深く関わっているって知ってましたか?睡眠と成長ホルモンの関係について耳にしたことがある人は多いでしょう。人は就寝中に成長ホルモンを活発に分泌させて、体内の各器官の細胞分裂を行っています。肌も例外ではなく成長ホルモンによって細胞分裂がなされ新しい肌へ生まれ変わって、透明感のある瑞々しい肌を作り出しています。しかし、寝不足が続くと成長ホルモンが分泌されず肌のターンオーバーが乱れて、そばかすができやすくなってしまいます!

寝不足になるとそばかすができるのはなぜ?

充分な睡眠が取れていないと、成長ホルモンが分泌されないので肌細胞が作られません。するとターンオーバーが乱れて角質が厚くなり、日中に受けた紫外線の影響が残っているとメラニン色素が排出されないままなので、そばかすができたり濃くなったりします。成長ホルモンは深い眠りの時に分泌されやすいので、睡眠時間が少ないと深い眠りの時間も減るため、成長ホルモンが分泌されずに朝を迎えてしまうのです。

睡眠時間だけではなく眠りは質も大事!

よく睡眠は時間だけではなく眠りの質が大事と言われます。ぐっすり深い眠りについている状態のときは、脳の松果体から多くのメラトニンが分泌されています。メラトニンは質の良い睡眠を促して成長ホルモンの分泌量に深く関係しています。メラトニンの量と成長ホルモンの量は比例しているので、いかにメラトニンを分泌させるかが、そばかすを作らないように、また薄くするための鍵となります。メラトニンにはメラニン色素を排出する働きがあるので、メラトニンを増やすことでそばかすを薄くして透明感のある肌を保てるのです。

効果的な睡眠のとるには寝不足の原因の見直しが大事

そばかすのためには睡眠が大事です。効果的にとるためには寝不足の原因見直しが大切です。
寝不足の原因をチェックしてください。

寝不足の原因

  • 不規則な生活を送っている
  • 仕事のシフトが不規則、残業が多いなどで起床時間、就寝時間が不規則になると寝不足になりやすいです。眠る時間が遅くなった場合でも起床時間を決めて起きて活動すると、夜には自然に眠くなるので正常な睡眠のサイクルを取り戻しやすいです。

  • 悩み事やストレスがある
  • 悩んでいることがあるとベッドに入っても、そのことばかり考えてしまって眠れなくなることがあります。またストレスのせいで神経が過敏になり軽い興奮状態になっているので、スムースに眠りに入れず夜中に目が覚めたりします。

  • メリハリのない生活
  • 一日中パジャマで過ごして外出せず家事もせずダラダラとした生活をしていると、適度に疲れていないので眠りに入りにくくなります。ダラダラ過ごしているうちに、うたた寝してしまうとさらに睡眠のサイクルを狂わせる原因になります。

  • 眠る前にスマートフォンやパソコンを使う
  • 眠る前にパソコンでショッピングサイトを見たり、スマートフォンで動画を見たりすると、目からブルーライトが入り神経を覚醒させるので眠りに入りにくくなります。眠る一時間前には作業を終わらせるようにしましょう。

理想的な睡眠を取るためには

最近の研究では理想的な睡眠時間は7時間程度と言われています。個人によって多少の増減はありますが、目覚めたときにスッキリしていて、よく寝た感覚があれば睡眠は足りていると考えて良いでしょう。
以前からよく言われている睡眠のゴールデンタイムですが、夜の10時から深夜2時の間の4時間の事を指しています。しかしこのゴールデンタイムに眠ることは、相当意識して活動しないと忙しい現代人には至難の業です。最近の研究ではゴールデンタイムに眠っていることより、いかに深い睡眠を取っているかということが大事なので、ゴールデンタイムに囚われなくても良いと言われています。

良い睡眠のために心がけたいこと

・夜遅く眠っても、朝起きる時間は毎日同じにする
・朝起きたら窓を開けて外の光を浴びる
・三食を決まった時間に食べるようにして、日によって変えない。
・ストレス解消方法を持つ
・適度な運動を習慣にする
・スマートフォンやパソコンでの作業は眠る1時間前までには終了させておく。
・寝室をリラックスできる空間にする
・すぐ眠れなくても気にしない

以上のことを心がけると質の良い睡眠を取りやすくなります。