ムダ毛が気になって顔脱毛に行きたくても、そばかすがあると処置を断られてしまうことがあります。その理由はクリニックやサロンで行われている顔脱毛はレーザーや光を使ったものが主流で、毛根を黒い色素として捉えて処置をするからです。光がそばかすに当たると毛根と間違えて光が集中し、そばかすが濃くなったり、その箇所がヤケドをしたりして肌トラブルの原因になりやすいです。部分的なシミやホクロであればマスキングテープを張って処置を受けられますが、小さくて広範囲に広がったそばかすには不可能な話‥
そばかすがある人は顔脱毛を諦めなければならないのでしょうか?

そばかすがあっても顔脱毛を受けられる!その施術方法

顔にそばかすがあるから脱毛を受けられないなんて、身だしなみを気にする女性にはツラい話です。ムダ毛を自分で処理するのは肌を傷めそうで怖く、どうすすれば良いか途方に暮れてしまいますね。しかし!そばかすがあっても顔脱毛できる方法があるんです!
その方法をチェックしてみましょう。

ニードル脱毛

レーザーや光脱毛が主流となる以前は、ニードル脱毛が主流の処置方法でした。一本一本のムダ毛の毛根に細い針を差し込んで、電流を流して毛根にダメージを与える方法で時間がかかりますが、色々な濃さや部位のムダ毛に対応できるところが利点です。そばかすがあっても、毛根を直接処理できるので影響無く処理を進められます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛はクリニックで行われている脱毛方法ですが、そばかすがあるとレーザーがメラニン色素に反応して濃くなったり、ヤケドをしたりするので処置できませんでした。それが「アレキサンドライト」という機器で行う処置なら、シミやそばかすがあっても問題なく脱毛できます。なぜならアレキサンドライトは、元々シミやそばかすを治療するために開発された過程で生まれた機器だからです。安全性も効果も高いと言われていて、今では医療用脱毛器の種類で導入率はシェアNO.1です。

顔脱毛の処置をしながら、シミやそばかすまで薄くなる?

顔の脱毛を受けながら肌もキレイにできるなんて一石二鳥ですね。自分の肌が、どの脱毛方法に合っているかカウンセリングを受けて検討すると失敗が少なくて安心です。

脱毛効果の高いニードル脱毛は長い目で見ると肌の負担が少ない

そばかすがあると顔脱毛を受けられない‥とショックを受けたけれど、よく調べてみたらニードル脱毛は受けられることが解りました。このニードル脱毛は毛根を処理するので、永久脱毛のようなムダ毛が生えにくくなる効果があります。処理をする回数が少ないと肌への負担も軽減されますね。ニードル脱毛の利点はムダ毛の太さや濃さにバラツキが出やすい顔のどの部分にでも対応できるので、キレイな仕上がりになります。毛穴も整うのでツルツルの肌になるのも夢ではないですよ。

アレキサンドライトのレーザー脱毛を受ける

アレキサンドライトレーザーで脱毛をする仕組みは、直径1.5センチ程度の範囲をレーザーで0.1秒照射して瞬時に冷却ガスを肌に噴射して肌への負担を軽減しています。そのため処置に時間がかからず短時間で広範囲の脱毛ができます。またアレキサンドライトレーザーにはコラーゲン生成を促す効果があり、毛穴がキレイになるだけではなく肌の引き締めやハリまで実感できます。シミやそばかすも薄くなる効果もあって、脱毛で肌の色がワントーン明るくなったという声も!
注意したいのはレーザー脱毛の処置をした直後は肌が赤味を帯びたり、毛穴が膨らんで見えたり、赤いブツブツができることもあります。長引く場合は医師に相談しましょう。