そばかすがある人は色白で肌がキレイな肌の人が多く「そばかす美人」という言葉まであるほどです。芸能人でも、そばかすを隠さないで生かすメイクをしている人が多く、ナチュラルな美しさと可愛らしさで人気です。そばかすの無い人がわざとそばかすを書き足す「そばかすメイク」も流行するほど人気なのは、そばかすがあると若く見えて可愛いからかも。人気のそばかすを活かしたメイク方法をチェックしてみました。

ファンデーションでそばかすを活かす

①ファンデーションをできるだけ薄くつける
そばかすを生かすメイクで一番のポイントがファンデーションの選択と付け方です。メイクの時に肌の色味を整えて、光の反射も均一にする効果のあるファンデーションですが、カバー力の薄い肌の透明感を生かすタイプを選ぶと、そばかすが隠れないでヨーロピアンな雰囲気を出せます。薄く付けることでそばかすを目立たせるように仕上げます。

②肌の仕上げはパウダーなどで自然に少し色白に
そばかすのある肌は色白さんのイメージが強いので、それを生かしたメイクをしましょう。肌の色味が均一ではないところはカバーをするように、なおかつ厚くならないようにファンデーションをつけて、全体はパウダーをはたく程度にすると自然な仕上がりになり、そばかすが目立って可愛いです。色白肌に仕上げる時にファンデーションの色を明るくすると顔だけ白浮きしやすいですが、パウダーでワントーン上げると自然な仕上がりになるのでメイクがしやすくお勧めです。

チークでそばかすを活かす

①チークはふんわりと優しい色合いで
メイクの中でもチークの入れ方は全体の雰囲気を決める大事なポイントです。そばかすメイクを生かすには自然な血色を演出したいので、コーラルピンク系やサーモンピンク系を選んで、頬骨のあたりに上気した雰囲気を出す感じでふんわり入れましょう。自分の肌の色に合う色のチークを試して色白に見えるチークを選ぶと、さらにそばかすメイクを生かせます。

②チークとリップの色を揃えると少女のような雰囲気に
ナチュラルメイクでそばかすを目立たせる場合は、チークとリップの色を揃えると少女のような可愛い雰囲気に仕上がります。グロスを付けたい場合は控えめにすると全体の雰囲気を壊しません。リップをマットな感じにすると少し引き締まった雰囲気になります。チークとリップ両方に使える化粧品を使うと色のトーンを合わせやすいです。

マスカラでそばかすを活かす

眉とマスカラは丁寧に自然な仕上がりを目指す
眉は顔のキャンバスの役割をしていて、眉を整えることでメイクが引き締まります。そばかすメイクはナチュラルに仕上げるのが基本なので、眉を自然に整えながらも眉頭を揃えてキレイな形を心がけるとナチュラルメイクでも手抜きに見えません。そばかすと同じブラウン系のトーンで眉を作りましょう。そばかすメイクをすると顔がぼんやりして見えると感じるなら眉のメイクが足りないかも!マスカラもふんわりした雰囲気のそばかすメイクを引き締めるポイントなので、色味を壊さないブラウン系を選んで可愛い眼元に仕上げましょう。

シミは隠したほうが良い!?

そばかすだけではなくシミがある所を隠す
そばかすだけではなくシミもできている人は、シミの所だけコンシーラーで隠しましょう。そばかすは可愛いけれど、シミがあるとなぜか老けて見えるので、部分的にシミを隠すメイクをすることで全体が可愛いそばかすメイクに仕上がります。